天樂 -TENGAKU- ♪ 和太鼓奏者 ♪ 演奏家派遣

天樂 -TENGAKU- ♪ 和太鼓奏者

2017年、日本各地の若手精鋭和太鼓奏者により結成される。
メンバーそれぞれが個人奏者として有名アーティストとの共演や海外での演奏活動をするなかで得た様々な経験を持ち寄り、既存の和太鼓集団にはない和太鼓の魅力の追及を目指し活動する。

その演奏は少人数ならではの柔軟さが存分に発揮され、圧倒的なテクニックとダイナミックかつ繊細なパフォ ーマンスで人々を魅了する。

また、演奏のみならず和太鼓体験やワークショップを通して、より若い世代に和楽器の魅力を伝えることにより、日本文化の可能性を広げている。

天樂 / 槻とすっぽん どまつりファイナルステージ
天樂 / 旅人-Tabintyu- どまつりファイナルステージ

久 賢士郎(写真右)
大阪府出身。 高校にて和太鼓と出会い、三年間を和太鼓に取り組む。
在学中に、林田ひろゆき氏プロデュース『SUPER TAIKO JUNIORフランスツアー』に参加。
また、ヒダノ修一の『ヤング太鼓マスターズ』にも参加し、和太鼓奏者としての経験を重ねる。
2015年には、異例のスピードで『ZI-PANG』のメンバーとなり、11月には、ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonismの和楽器隊として京セラドーム公演に出演する。
現在、自分の持つ和太鼓の演奏とは何かを常に模索しつつ、「日常に溶け込んだ当たり前に存在している音」を演奏出来る奏者になるために日々努力を重ねている。

浅野 聡太(写真中央)
愛知県出身。和太鼓奏者 梅村幸生に和太鼓を師事する。和太鼓グループ「REN」のメンバーとして活動を開始し
17歳からは、「SUPER TAIKO JUNIOR」のリーダーとして、国内外で演奏活動を行う。
2015年には、『ZI-PANG』のメンバーとして、プロデビューし「メルセデスベンツ新型Eクラス発表記念式典」などのイベントに出演する。
TOWNWORK presents「CampusLife+1」で準グランプリ、2017年には公益財団法人クマ財団のクリエイター奨学生に選出されるなど、現役の学生であることを活かしたアプローチで和太鼓の魅力を人々に伝えている。

高橋 ルウク(写真左)
幼少の頃から打楽器に触れ、10歳よりドラムを学び、14歳より地元の和太鼓チーム「批魅鼓」で活動を開始。
16歳より「SUPER TAIKO JUNIOR」へ参加し、国際フェスティバルヘも出演。
2015年より「ZIPANG」へ参加。
同年、「EXILE USA DANCE EARTH CANNEL」や、ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism和楽器隊として東京ドーム公演にも出演。
現在は、人並み外れた身体能力の高さと両利きにより、スピード感溢れる奏法と高度なテクニック、バランス感を武器に、様々なコンサートからイベント、フェスティバル等へ出演し、精力的に活動している。

生演奏をご希望の会場にお届けします♪ 演奏家派遣のご依頼は クレアーレ まで
演奏者派遣についての詳細はこちら>>
演奏者派遣の実績紹介記事は
こちら>>
契約ミュージシャン紹介はこちら>>