手作り楽器でプロのアーティストと一緒に演奏しよう ♪ 演奏会編 ♪ 北名古屋市・名古屋芸術大学連携事業

手作り楽器でプロのアーティストと一緒に演奏しよう ♪ 後半は演奏会です。

【プログラム】
アイネ・クライネ・ナハト・ムジークより第1楽章 モーツアルト作曲
「ガイーヌ」より「剣の舞」 ハチャトゥリアン作曲
千と千尋の神隠しより千尋のワルツ 久石護作作曲
「アナと雪の女王」より「Let it Go」 クリスティン・アンダーソン-ロペス作曲
プリンク・プランク・プルンク L.アンダーソン作曲
情熱大陸 葉加瀬太郎作曲

会場の子ども達、保護者の皆様、スタッフ共々素敵な音色に癒されました。

アーティストの方々の演奏の合間に、子ども達は舞台袖へ移動

いよいよです!
DSC_6819
プロアーティストの演奏に合わせ、自慢の楽器で元気いっぱい「となりのトトロ」を演奏しました ♪
結果は・・・

大成功☆

鳴り止まぬ拍手に、アンコールは「ラデツキー行進曲」DSC_6836CUT
子ども達の満足と自信にあふれた表情をご覧ください!

楽器作りの様子については、手作り楽器でプロのアーティストと一緒に演奏しよう ♪ 楽器作り編 ♪ をご覧ください。

最後に、アーティストの皆様のプロフィールをご紹介します。

【プロフィール】
ヴァイオリン:村越久美子
3歳よりスズキメソッドによりヴァイオリンを始める。名古屋芸術大学音楽学部器楽科卒業。同大学大学院音楽研究科修了。在学中より数々の学内演奏会に出演。これまでにF・メンデルスゾーン作曲ヴァイオリン協奏曲、J.S.バッハ作曲の2つのヴァイオリンのための協奏曲などを演奏。2016年9月23日には電気文化会館コンサートホールにて「水野慎太郎&村越久美子ヴァイオリンデュオリサイタル~森典子門下による~」を開催予定。2005~2007年まで名古屋芸術大学契約助手。現在、同大学実技補助員。その他にも同大学附属クリエ幼稚園ヴァイオリン教室等で講師を務める。

ヴァイオリン:山崎えりか
3歳よりヴァイオリンを始める。桐朋女子高校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業後、スイス・ベルン芸術大学音楽科に進学。卒業後、ドイツ・ライプチヒ音楽大学に進学。ライプチヒゲヴァントハウスオーケストラのアカデミー生として研鑽。卒業後は契約団員。2011年8月に帰国後は、桐朋学園大学音楽学部附属「子供のための音楽教室」名古屋教室にて後進の指導にあたる。

ヴィオラ:小松 大
名古屋市立菊里高等学校音楽科を経て、2005年愛知県立芸術大学音楽学部を卒業。2007年、小淵沢室内楽講習会で「緑の風音楽賞」受賞。幸田町民会館所属アーティストとして小学校へのアウトリーチ活動を積極的に行う。また2004~2010年は愛知室内オーケストラ団員及び運営スタッフとして数多くの公演制作を手掛ける。2014年、クラシックギター奏者の生田直基と「Black&Olive」を結成。これまでに宗次ホール、伊勢神宮、鳥取県みささ美術館、名古屋市港文化小劇場等でコンサートを行う。2015年1月には、パガニーニに焦点をあて、「グランドヴィオラのためのソナタ」を演奏。独奏楽器としてのヴィオラの魅力を追求したレパートリーには定評がある。

チェロ:山田真吾
6歳より才能教育研究会でチェロを始め、岐阜大学工学部卒業後、ハンガリー国立リスト音楽院修了。第14回ブルクハルト国際音楽コンクール弦楽器部門第2位(最高位)。第2回東京サミット音楽コンクールグランドファイナル銀賞。第22回ヨーロッパ音楽コンクール弦楽器部門第3位(イタリア)。日本ハンガリー友好コンサート、リスト音楽院マスターコンサート、リスト音楽院フェスティバル、ハンガリーフェスティバル等に出演。日本、ブダペスト、香港等でのリサイタルを開催。セントラル愛知交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団などとも共演。

パーカッション:松原昭仁
東邦高校吹奏楽部入部と同時に打楽器を始める。愛知県立芸術大学音楽学部打楽器専攻卒業。全日本演奏家協会主催 第11回全日本ソリストコンテストにて打楽器ソロで審査員賞受賞。NHK「さらさらサラダ」に出演。現在は、愛知、岐阜、静岡を中心にプロオーケストラへの客演や、他楽器の室内楽演奏会にも数多く出演。その他、吹奏楽コンクールの審査員などもつとめる。2015年と2016年にはソロリサイタルを開催。フルート・マリンバ・打楽器のトリオ「フルリン打」メンバー。中部打楽器協会会員。

北名古屋市・名古屋芸術大学連携事業として、次回は第1回【音楽鑑賞講座】が開催されます。

皆様是非音の世界に酔いしれてみませんか ♪